アパレル・ファッション用語

ウォッシャブルスーツ(washable suit)

ウォッシャブルスーツ(washable suit)

 

ウォッシャブルスーツとは、水で洗濯できるスーツのこと。元々ウールで仕立てられるスーツは水洗い洗濯に不向きで、ドライクリーニングが必要なためケアに手間がかかっていた。その不便さを解消するために、ポリエステル加工糸などで作られたスーツを指すことが多い。取り扱いが簡単で値段も安くなるため、夏向きのセカンドスーツやビジネス用のユニフォームとしても使用される。特に日本では高温多湿の気候であるため、家庭で簡単に洗えるというスーツに需要が多かった。芯地などにも工夫がされており、速く乾き、シワにもなりにくいように加工されていることが多い。

最近ではウォッシャブルウールが開発され、ウール生地のウォッシャブルスーツもある。しかし、ウォッシャブルウールはウール独特のスケール(うろこ)を燃やしてしまう毛焼きの加工や、スケールを樹脂で塞いでしまっている。そのためウールの優れた特徴である吸湿性などが低下し、生地の風合いも硬くなってしまっている可能性がある。

 




スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , ,

© 2021 swingby-nino.com