アパレル・ファッション用語

ウィンドブレーカー(wind breaker)

ウィンドブレーカー(windbreaker)

ウィンドブレーカーとは、「防風衣」を意味しており、元はアメリカのJohn Rissman companyが販売していた製品の名称であり、商標そのものが一般化して呼ばれるようになったアイテム。イギリスではウィンドチーター(windcheater)やウィンドジャマー(wind jammer)と呼ばれている。野球やゴルフの選手たちが防風・防寒目的で用いるジャンパータイプのジャケット。原型となったものは、釦前開きで長さはハーフ丈から、お尻が隠れる程度、長袖の袖口にゴムを入れて絞りがついている。素材はナイロン・ポリエステル・防水加工されたコットン地など、風を通しにくい薄手の生地が使われ、断熱材等は使用されていなかった。あまり低温下で着用することは想定されておらず、一時の風を防ぎ、軽く、かさばらず、携帯性に優れているという、機能を重視してシンプルなデザインになっていることが多い。

近年では、生地に撥水加工を施したり、肌触りの良いう裏地をつけたり、内部の蒸れを逃がすためにベンチレーション機能を付けたデザインなど、様々なデザインバリエーションで販売されるようになった。頭から被るプルオーバータイプはピステ(piste)、さらにフード付きのタイプはアノラックと呼ばれている。

ベンチレーションとは


 




スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , ,

© 2021 swingby-nino.com