アパレル・ファッション用語

靴ずれ

靴ずれ

靴ずれとは、スラックスの裾部分が靴で擦れて破れるのを防ぐため、補強のために取り付けている当て布。主に共生地で、場合によっては生地の耳部分も利用する。取付け位置はパンツの後ろ中心で、裾の折り返しから1mmくらい出るように取り付けることが多い。しかし、正しい知識がない場合、表から少しでも見えることはおかしいというクレームが多発し、見えないように取り付けられることも増えてきた。写真のスラックスは短い丈で作っているため、靴ずれそのものが飾りとして付けられている。

裾上げのしやすさ、靴ずれの修理のしやすさを考慮して、スラックスの裾は「まつり縫いミシン」が使われている。既成スーツの場合は、裾上げの際に取り付ける

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , ,

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.