アパレル・ファッション用語

座りミシン方式(バンドル方式)

座りミシン方式(バンドル方式)

 

縫製工場の座りミシン方式とは、別名バンドル方式とも呼ばれている。その名の通りオペレーターは座った状態で作業を行う。一箇所のミシンで同じ工程を繰り返し行い、次の工程へ移る際は裁断パーツの束(bandle)を別のミシンに持っていき、次の工程を行う。

 

座りミシン方式のメリットとデメリット

オペレーターは、その作業に対しての専門性が上がり、一つ一つの作業の効率や熟練度は上がりやすい。パーツ縫いの多いデザインの縫製に向いている。但し、その作業のみに従事してしまう可能性も高く、様々な技術の習得がしにくい。

また、最初の1着が完成するまでに多くの工程を終わらせてしまっているので、検品時にトラブルが発覚すると、非常に大きなロスになってしまう可能性がある。縫製スタートからどれくらいの期間で完成するのか、立ちミシン方式に比べてスケジュールは読みにくい。

 

 

 

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.