アパレル・ファッション用語

カシメ

カシメ

カシメとは、閂止めのように力の掛かる部分等を補強するために使用する「止め金具」のこと。ワークアイテムや鞄等に使用されることが多い。YKKスナップファスナー(株)とモリト株式会社製が多く、上下二つの部品を専用の「打ち機」と「打ちコマ」で打ち付ける。ジーンズの場合はリベットと呼ばれているが、役割も打ち込み方も同じである。

個人で制作する場合、クラフトショップで購入すると、簡易のコマを使用して金槌で打ち付ける。

 

生産時の注意点

力の掛かる部分の補強という用途から、薄い生地1枚に打ち込むようなことには不向き。ある程度の厚みがある部分に対して使用しなければ、金具の足が浮いてしまう場合がある。特にニット生地に対しては注意が必要。挟み込んでいる生地が伸びないように接着芯や当て布を使って補強しておく等の対処も検討しなければならない。

 

こちらのお店では、個人向けにも豊富な服飾資材が揃ってますので、オススメです。

ボタンやファスナーの種類が豊富 服飾資材の999+1

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.