アパレル・ファッション用語

カントリースタイル

カントリースタイル

 

カントリースタイルとは、country=「田舎」や「田園調」という意味で、特にヨーロッパやアメリカの田舎をイメージしている。素朴で温かみのある、素材や色調、柄使いのスタイルの総称として使われることが多い。

素材はラフ目なツイードや、天然色系で染められたコットンや麻などの天然素材を使用していることが多い。また、手編みや手織り等の、ハンドクラフト的な要素を特徴としてデザインに取り入れていると、よりカントリースタイルが強調される。

 

 

代表的なアイテムとしては、太番手の糸で手編み風のニットに、民族調の柄が編みこまれたセーターやカーディガン等がイメージしやすい。ファッションにワンポイントとして取り入れるには、ニットキャップや手袋等に使うとタウンユースのカジュアルスタイルにも馴染みやすい。

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.