アパレル・ファッション用語

比翼仕立て・フライフロント

比翼仕立て・フライフロント

比翼仕立て、英語ではフライ・フロントと呼ばれているデザイン仕様のこと。表からボタンホールやボタンが見えないように、ボタン留め部分を二重合わせにしている。鳥が翼をたたんで休んでいる姿に似ていることからこのように呼ばれていると言われている。レインコートのデザインとしてよく使われるようになっていったが、現在ではカジュアルからビジネスでも広く使用されている前立てのデザインバリエーションの一つとなっている。

フライ(fly)には、衣服のボタン隠しの意味があり、ボタンを隠す場合は「ボタン・フライ」、ファスナーを隠す場合は「ジッパー・フライ」などと呼ばれている。

本比翼と略比翼

本比翼は、釦を止めても前から完全に見えない様に、二重に仕立てたもの。

略比翼は前身の部分を折り返してその裏側の地に、釦ホールを作ったもの。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , ,

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.