アパレル・ファッション用語

半月台衿

 

半月台衿

半月台衿とは、台衿のついていない平衿や1枚衿のポロ衿に、衿腰となる部分に共生地や別生地を叩きつけるパーツのこと。他にも、三日月台衿や月腰といった、企業やデザイナーによって呼び方が異なる。

台衿なしの衿は、衿折れ部分がおおよその位置になっているので、縫製やアイロンの仕方によって、衿が折り返る位置が変わってくる。この半月台衿は衿折れ部分を補強することで、衿の折り返りを安定させることができる。内衿側、外衿側、両方に半月台衿を付けるかは、デザイナーやパタンナーの意図によって違う。衿の折り返りを重視するならば、両側に半月台衿を取り付けて、切り替え部分で表裏を固定すると良い。また、別布を使って、デザインのアクセントとする様々なバリエーションがある。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , , ,

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.