アパレル・ファッション用語

オートクチュール(haute coutuere)

オートクチュール(haute coutuere)

 

オートクチュールとは、一般的には、「高級衣裳店」のことを指す。クチュリエと呼ばれる裁縫士が顧客のために、完全オリジナルの衣裳をデザインするもの。生地・デザイン・仕立てを含めて最高級の完成度を持つもの。値段も非常に高級であるため、大富豪が顧客となる。第二次大戦後に
世界情勢が変化し、大富豪の減少・女性の社会進出の増加に伴って、プレタ・ポルテと呼ばれる高級既製服がファッションの主流となってくる。次第に、オートクチュールメゾンもプレタ・ポルテを扱うようになってきた。

今日では、フランスのパリで「パリ・クチュール組合(La Chambre Syndicale de la Couture Parisienneラ・シャンブル・サンディカル・ド・ラ・クチュール・パリジェンヌ、通称サンディカ)加盟店パリ・クチュール組合」が、オートクチュールの中心となっている。厳密には、この組合に属している
メゾンのオーダーメイド服のみがオートクチュールを名乗ることができる。

 

現在の加盟店は非常に減少しており、CHANEL・Christian Dior・Givenchy・Jean Paul GaultierFranck Sorbier 等、わずかになっている。

日本ではかつて、ハナエモリ が1977~2004年まで加盟していた。

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.