アパレル・ファッション用語

ライセンスブランド

ライセンスブランド

ライセンスブランドとは、例えば海外の知名度のあるブランドを所有している運営会社にロイヤリティ(使用料)を支払って、日本の企業がそのブランドの名称を借りているブランド。またブランドの使用料を支払って一部のアイテム・雑貨等を別の企業が企画・販売している場合もある。ロイヤリティを支払ってブランドを使用する企業は、ブランドを一から育てる時間やコストを削減でき、ブランドを所有している企業はロイヤリティ収入とさらなるブランド認知の拡大が自社だけでなく他社の力を借りながらできるという双方のメリットがある。

しかし、特に海外ブランドのライセンス契約には期限もあり、日本で知名度を上げたブランドがライセンス契約を解除し、日本法人を立ち上げるケースがある。その場合は、一気に売上がなくなってしまうこともある。資金力のある商社が海外ブランドを買収し、サブライセンスを各アパレル企業に広げることでブランド事業の安定化を図ることが多くなった。

 

伊藤忠商事 マスターライセンシーブランド

主にアパレル及びスポーツウェア

Paul Smith  ・・・・株式会社ジョイックスコーポレーション

Psycho Bunny  ・・・株式会社ジョイックスコーポレーション

CASTELBAJAC ・・・株式会社オッジインターナショナル

LANVIN ・・・株式会社ジョイックスコーポレーション

mila schon ・・・株式会社オッジインターナショナル

FILA ・・・ ニッキー株式会社

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , ,

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.