アパレル・ファッション用語

玉縁ポケット

玉縁ポケット

玉縁ポケットとは、別で裁断した生地(主に共生地)の細布で、ポケット口の始末をした切りポケットの一種。この縁処理は英語ではパイピングといい、英語ではパイピングポケットと呼ばれている。ポケット口の片側だけ縁取ったものを「片玉縁ポケット」・両側を縁取ったものを「両玉縁ポケット」といいう。

本来の玉縁ポケットは、縁布と身頃生地の縫い目をアイロンで割り始末するが、自動ポケットミシンで縫製するタイプは、縫い代を身頃高に片倒しする始末になる。ニセ玉縁ポケットと呼ばれている場合もあるが、外観はほぼ変わらない。玉縁の太さはデザインや生地の厚みによって異なってくる。また、両玉縁ポケットは、フラップ(雨蓋)を取り付けているデザインも多く採用されている。

縫製するうえで必ず切り込みを切れているので、ポケットに物を入れていなくてもポケット口が開いてしまったりするのは、工場の縫製スキルの差が出てしまう場合がある。ポケット口は閂止めで補強されていることが望ましい。

片玉縁ポケット

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , ,

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.