アパレル・ファッション用語

シャツスリーブ(shirts sleeve)

シャツスリーブ(shirts sleeve)

シャツスリーブ(shirts sleeve)とは、ワイシャツやカッターシャツと呼ばれている男性モノのシャツに見られる、袖山が低くアームホールの縫い代を身頃側に倒したカフス付きの袖のこと。セットインスリーブよりも袖山が低く設定されていることが多く、腕が上げやすく、運動量に優れている。

 

ビジネスシャツにおけるスタイリング注意点

シャツスリーブは運動量が多く、ゆとりが多いので、風通しも良いため非常に快適な作りになっています。但し、本来は身頃に対して、横に袖が付いているイメージですので、スタイルよく見える作りではありません。しかし、長袖カフス付きの場合は、自然と下側に布が引っ張られますので、あまり不自然には見えないでしょう。

 

しかし、半袖のカッターシャツの場合は、下への引っ張りが弱いので、袖の生地がピンっと横に張り出してしまいます。これは、無駄に横幅が大きく見えてしまうのでだらしなく見える。いわゆる、オジサンっぽい印象を与えてしまいます。欧米人がこんなシャツを着ている印象ってないですよね。袖山が低く作られた半袖のカッターシャツは、基本的におすすめできません。どう見てもスタイリッシュには見えないのです。

 

半袖のカッターシャツは、袖がピンっと張り出して不格好になる。

 

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.