アパレル・ファッション用語

ホールガーメント( WHOLEGARMENT )

ホールガーメント( WHOLEGARMENT )

 

ホールガーメントとは、1回の編立によって完成する、縫製箇所が無い製品のことを指します。「ホールガーメント」及び「WHOLEGARMENT」は株式会社島精機製作所の登録商標となっており、筒形に編成して無縫製で編める【編み機】と、その編み機で【編まれた製品】を【ホールガーメント】と呼ぶことになっています。

ホールガーメントと呼ばれる商品

  1. 同時に3つの筒の編み出しが出来ること(身頃 + 左右の袖)
  2. 袋状にリブ編みの編み出しができる(前・後ろの両方で編み出しが作れる)
  3. 前と後ろの両方で、目移しができる

*横編み機を使用して、3つの編み出しを作り、それぞれ袋編み行った天竺編みで縫製箇所のないニット製品もできるので、このような条件を満たした製品がホールガーメントと呼ばれます。

 

従来型のセーター

従来型のセーターは、筒型ではなく横編みの編み機が使用されていました。主なパーツとして前身頃・後ろ身頃・袖×2・衿の5つのパーツを別で作り、縫い合わせて完成させるという製品が圧倒的に多かったのです。

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.