スタイリング

【意外と盲点】ハンガー掛けの肩の位置で服の型崩れを防止するコツ

【意外と盲点】ハンガー掛けの肩の位置で服の型崩れを防止するコツ

ファッションを楽しむには、服のメンテナンスにも気を使いたいものです。それには意外とハンガーのかけ方、特に肩の位置を意識することが重要です。このハンガーのかけ方を理解していないことで、適当に服を掛けてしまって服の形が崩れたり、余計なシワを作ってしまっていることがあります。ここでは、服のメンテナンスや保管に少し意識していただきたいハンガーへのかけ方について解説していきたいと思います。

 

 

意外と見落としているハンガー掛けのコツ

ハンガーは、肩の位置が重要

当然と言えば当然なのですが、服は肩の位置を基準に下向きに重力が掛かっています。そして、もちろんハンガーは人の肩の代わりとなって服を掛けています。しかし、ただやみくもに掛けていては、服の型崩れの原因となってしまいます。服の肩の位置をきちんと理解してハンガーに掛けるようにしましょう。

 

 

このポロシャツとTシャツでは、肩の縫い目は白線の部分にあります。この違いは製品のデザイン設計によって異なってきます。

  1. 生産工程を簡単にして安価に提供することを重視するのか? 
  2. 着心地や動きやすさを重視しているのか?

 

服の肩の位置=縫い目ではない

服はパターンによって、肩の位置が縫い目が同じ製品と、肩の位置が縫い目とは違う位置に設定されている製品があります。本来は人体の構造や動きを考えると、縫い目の位置は肩よりも前にあったほうが動きやすくなります。デザインによる違いはありますが、基本的には肩よりも前側の1.5cmから2cmほど前に縫い目があるほうが、上半身を前に倒すときに動きやすいのです。

 

 

肩の位置を確認するためには

洗濯後は服の形が崩れてしまっている場合がありますので、写真のように左右の袖の付け根(バストライン)を持って、前身頃と後ろ身頃の高さを整えて下さい。そうして服の形を整えるて肩の位置を確認してください。

これはアイロンをする際にも大切なことで、肩の位置を間違えたままアイロンで押さえてしまうと、服の型崩れがひどくなってしまいます。

 

 

服の設計は、基本的に肩の位置に服が乗るということを前提にしています。ハンガーに服を掛ける時は、肩線の部分にハンガーがくることを意識して掛けるようにしてください。そうすることで生地に不必要なストレスを減らすことができ、型崩れを防ぐことに繋がります。

ショップなどで変わった見せ方をするために、服にストレスがかかるようなハンガーのかけ方を見かけますが、お家での保管にする際には、正しいハンガーの使い方で保管することがおススメです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

たかがハンガーと思われるかもしれませんが、仕事の経験上、意外にもハンガーのかけ方にさほど意識がされていなかった経験があります。服の検品工場でもハンガーのかけ方を間違っていることがありました。

少し意識することで、服を大切に扱うことができると思います。

 

服のメンテナンスを、お任せしたいときは宅配クリーニングが便利という記事はコチラから

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-スタイリング
-, , , , ,

© 2020 swingby-nino.com