スタイリング

メンズファッションで基本の3つのシルエット【メリハリが重要】

メンズファッションで基本の3つのシルエット【メリハリが重要】

 

オシャレなメンズファッションの着こなしには、基本になる3つのシルエットがあります。

  1. Iライン
  2. Yライン
  3. Aライン

 

これを押さえておくと、あなたにとって似合う服が分かりやすくなったり、服の選び方が簡単に
なってきます。そして、ご自分に合っていないサイズ感が明確になってきますので、基本は
たったの3つだけです。絶対に頭に入れておいて下さいね。

 

 

基本の基本、ジャストサイズのIライン

 

スーツに代表されるIラインのシルエットは、トップスとボトムス共にジャストサイズということが重要。

おしゃれに自信のない方は、まずはジャストサイズを意識していただくことが第一歩です。
メンズファッションで残念になりがちなスタイルは、大は小を兼ねると思っておられるスタイルが多いです。
一度試着してみて、ワンサイズ小さめが入るかどうかを試してみて下さい。

 

その場合は、だいだいそのワンサイズ小さい目の服が、あなたのジャストサイズと考えていいでしょう。

 

スーツでは特にサイズ感が合わないと、とたんに野暮ったい、オジサンくさいスタイルに
なってしまいますので注意してくださいね。

 

Yラインのメリハリが意識できると、おしゃれ感アップ

Yラインは、逆三角形で男性らしさをよりイメージできるオシャレなシルエットになります。

トップスはゆったりとしたアイテムで、ボトムスはジャストサイズか、なるべくスリムなシルエットの
アイテムの方がメリハリがつきます。そしてダウンやざっくりしたニット等の、
ボリューム感のあるものだと、さらにYラインが引き立ちますね。

 

最近は、ビッグシルエットのトップスが流行りだったので、イメージしやすいのではないでしょうか。

 

男性のそもそもの体型として合っているので、このシルエットが決まると、メンズファッションは
案外簡単におしゃれに見えるものですよ。

 

少し上級者向きのAライン

 

メンズファッションとしてのAラインは、IラインやYラインに比べると、少し難しいシルエットです。

女性だと、フレアスカートなんかで簡単にイメージできるラインなのですが、肩幅がある男性としては
そもそもイメージしにくいシルエットになります。

 

トップスはなるべくタイトなアイテム、ボトムスはゆったりしたシルエットのワイドパンツも注目の
アイテムになっているので、挑戦してみるのも良いと思います。ただし、あくまでウエストが
ジャストサイズで、膝から裾にかけてワイドになったデザインを選びましょう。大きなサイズを
だらしなく履くのとは、また違いますので、注意して下さいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ファッションにあまり自信がない方は、大き過ぎず小さ過ぎない。まずは自分のジャスト
サイズを理解しましょう。

サイズを理解するコツとしては

  • 上半身は肩幅を意識して、袖と身頃の縫い目がちょうど肩の骨の1cm内側くらい
    でちょうどいいです。(中肉)
  • 下半身は、スラックスタイプのパンツなら、ウエスト(一番細くなっている位置)
  • ジーンズタイプは基本、ウエスト位置を下げた設計ですので、骨盤位置を意識して、
    指二本分くらいのゆとりがあるのがジャストです。

上のサイズ感を意識して、試着してみると分かりやすいと思います。

 

 

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-スタイリング

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.