アパレル生産管理 APPAREL WORKS

フリクションペンを縫製工場で使うとトラブルの原因となる【注意】

【注意】フリクションペンは縫製工場で使うとトラブルの原因

PILOT社製のフリクションシリーズのペンをチャコの代わりに使うことで、アパレル製品にトラブルが起きています。フリクションシリーズといえば、書いたものをゴムのような部分でこすることで、摩擦熱によって消すことができるとても便利な筆記用具で、自分も愛用しています。60℃程度の温度で消えるという特性から、アパレル生産の仕上げアイロンで簡単に無色透明になります。生地に書いた印など、全く痕跡を残さず消すことができてしまいます。もしこれがこのまま完全に消えてしまうのであれば、アパレルの生産にとてつもなく便利なものになったと思います。

※無料でアパレル業界の転職を目指すなら、ファッション・アパレル業界専門の転職支援サービスのクリーデンスがおすすめ。人気の有名ブランドを含む3400社以上の企業から、あなたに合った求人を探して無料で転職サポートしてくれます。
▶▶▶ 無料でクリーデンスの転職支援サポートに登録する

 

アパレル生産でフリクションを使用して起こったトラブル事例

パイロット社のフリクションシリーズは2007年から発売され、2010年以降くらいにアパレル生産でのトラブルが起き始めました。熱で消えるなら、従来から使われているチャコよりも簡単に使えるということに目を付けた資材屋が縫製工場に対して売り込むケースがあったためです。印をつけることで早く正確に縫製しやすいポケット位置や、できるだけ正確に縫い付けたい衿周りなどに使われました。

最初に経験したのは日本国内の縫製工場にて生産したポロシャツにトラブルが発生しました。生産は滞りなく終わり、サンプルもチェックして製品は物流倉庫に送られ、倉庫にて抜き取り検品も完了。そしてアパレル企業指定の倉庫に納品するという流れです。トラブルは先方の倉庫に着荷した時に発覚してしまいました。内台衿にペンで書いたような線が浮き上がっているのが見つかったのです。生産したポロシャツは、出荷まで2周間程度物流倉庫内に保管した後に出荷。その間にフリクションを使用した部分が浮き上がってしまったということです。

PILOT社様の公式ホームページではマイナス10℃前後で色の復元が開始し、マイナス20℃で完全に色が戻る特性があると説明されています。しかし当時の製品の保管場所は大阪の倉庫だったので、せいぜい0℃前後だったはずです。問い合わせしたところ乾燥(湿度)することも関係しているということだったので、どのような条件で顕在化するかは、なかなか確実性のあるコメントはできないそうです。

→パイロット社のQ&Aはこちらから

 

このトラブルが発覚した場合のポイント

ポイント

  • 洗濯しても落ちたかどうかは、冷やしてチェックしないと分からない
  • 溶剤で落とすことができるが、乾かす際のドライヤーでも消えている場合がある。
  • 常温では、落ちたかを確認ができない。冷やして保管したり、コールドスプレーをかけて確認が必要。
  • 顕在化していない部分があるかもしれないが、常温では確認できない。
  • 消えている状態が、インクが落ちたからなのか、熱や湿度で見えない状態なのか判別がつかない。

このトラブルに関して問題なのは、様々な検品・チェックを完全に素通りしてしまうこと。発覚してインクを落とす作業をしても、本当に落ちたかどうかということが確認するのに非常に時間と手間が掛かってしまうことにあります。

コインランドリーに持ち込み、乾燥機をかけた結果。見えなくはなっていましたが、冷やしたらインクが浮き上がってきてしまいました。また、シミ抜きに使用するドライ系の溶剤を吹き付けてインクを落とそうとしましたが、完全に落とすには何度も行う必要がありました。結局、1着分の顕在化して見えていた部分だけでも落としきるのに、かなりの時間を要することになってしまいました。さらに、これが1度発覚すると、本当に見えていた部分だけに使用していたのか?場合によっては、他に生産していたものに関してはどうなのか?と疑わざるを得ません。

 

アパレル生産でフリクション使用トラブルの対処作業

参考

  • 使用箇所の確認 → 冷凍庫orコールドスプレーを全体に吹き付け
  • ドライクリーニング、もしくはシミ落としの有機溶剤で落とす。(通常のランドリーの洗濯・乾燥では完全に落ちませんでした) → コールドスプレーで再確認

枚数が少なければ、上記の通り1枚を確認後に全数同じ作業を行う。

枚数が多い場合は数例の対処方法と所要時間を確認後に、対処方法を確定してから残りを進めた方が良いです。このトラブルは「見えない」ということが非常にネックですので、最終的な作業を確定しないまま並行して作業を進めてしまうと、二転三転して作業時間が膨大になる危険性があります。

フリクションのトラブルは甘く見てはいけない理由

フリクションを使用することで起こるトラブルは今後も決して甘く見てはいけません。生地・染色・プリント・縫製等、様々なトラブルを経験した中でも、フリクションのトラブルは最も時間とコストの掛かるトラブルと言っても過言ではありません。発覚することで非常に大きな損失に繋がってしまいます。私自信は生産管理としては海外生産でこのトラブルは経験していませんが、物流・検品倉庫会社に所属している時に約6000枚の中国生産のアイテムに対しての修正依頼に立ち会いました。実際に作業を内容を確定するまでに3日、約10人の体制で作業を進行して、さらに近隣の検品会社2社に協力してもらって、作業が完了するまで20日程度かかりました。

トラブル処理のコスト計算

大阪の最低賃金約¥1000 × 8時間 × 10人 × 20日 = ¥1600000
2社の協力会社の作業 × 7日 = 約¥1400000
なんと、300万円以上のコストでした!
実際は作業のためのコールドスプレーを数十本購入し、汚れ落としの溶剤、サンドライも数十本に登り、上記以上の請求金額となってしまったと聞いています。

さらにトラブルが広がる可能性

このトラブルに対処する場合は、他の生産トラブルと同様に、海外で生産で起こったとしても納期の関係で急ぎ日本で対処しなければならないでしょう。そのために掛かる費用は非常に大きくなります。海外生産の場合は特にこの金額の回収は非常に困難となり、今後の生産を打ち切って支払いをしてもらえないケースも出てきます。さらに場合によっては、同じ工場で生産したアイテムに対しても同じようにフリクションを使用していないかどうかの懸念も生じます。

ポイント

海外工場にはフリクション使用を絶対に禁止し、このトラブルが日本で発覚した場合は、必要なコストは全額工場が負担するという契約書を作成しておくこと。

あくまで、どれほどフリクションを使用の禁止を重要視しているかを分かってもらう点でも、契約書のような形で念を押しておくような対処をしておくことをおすすめ致します。

今後も海外生産でフリクションのトラブルが起こりうる可能性

私が過去に携わった時には、国内・海外の全ての自社工場・協力工場に連絡して使用しないように呼びかけました。しかし、最近になって今度は中国生産で起こり始めたということは、今後も常に徹底して不使用を連絡しておかなければ、今後は東南アジア生産でも起こる可能性が高いでしょう。そして現地工場でフリクションを使用して、現地で販売するような商品はこのトラブルが発覚しない可能性が高いです。コストを追求し、地方に生産拠点を移してきたこれまでの経緯を考えると、東南アジアの小さなローカル工場で生産する流れもあるでしょう。

私が携わっていた日本の縫製工場のベトナム人実習生が帰国する際には、フリクションボールペンを大量にお土産として持って帰りました。私はこのトラブルを経験済みだったので、帰国する実習生たちに「このペンは熱で消えたように見えるけど、冷えたら浮き出てくるから、服に印するのは絶対にダメですよ!!」と説明しました。ですが、彼女たちが完全に私の言ったことを理解してくれたのか、彼女たちが理解してくれてもお土産として渡した人たちに説明できるのかと考えると、今後現地の縫製工場で使用される可能性を否定することができません。

 

アパレル生産工場でフリクションを禁止することの周知について

ネット上のブログでは、このフリクションがチャコ代わりとして非常に便利だという紹介されているのを見かけました。確かに個人でのクラフトや限られた人数のお客様用に丁寧に作っていれば、大きな問題にはならないかもしれません。個人で作っていれば、使用した箇所も把握していますでしょうし、ペンの特性も十分に理解して使用できます。

しかし、工場のプロダクトとしては、全員がそのペンによって起こりうるトラブルを十分把握できるとは思えませんし、印がずれることも縫製で隠し切れない可能性も高いです。どの製品も出荷される前には必ずアイロンされて、たとえそのペンを使っていても検品では気が付くことは不可能です。そして何より危険なことは、1枚の発覚がその商品全てのチェックの必要に繋がったり、全数の返品にさえ繋がる恐れがあるからです。”いつ爆発するかもしれない不発弾”のような製品を出荷したくはないでしょう。私の結論は、フリクションはチャコとしては使用しないこと!!ということです。このトラブルが起こらないように願うばかりです。

注意

フリクションシリーズは、アパレル生産のプロダクトレベルではチャコとして使用しないこと!!

アパレルの生産トラブルを防ぐため【拡散希望】

海外で大量に生産されたアパレル製品にトラブルが起こってしまったとき、多くの場合はシップバックするような時間がなく、国内の物流・検品倉庫や工場に作業協力をお願いすることになってしまう事例が多いです。しかし、このトラブルは対処に非常に時間がかかるので、コストとしてもかなり大きな額になってしまうことは間違いありません。さらに日本円で高額になるこのコストを、海外の工場がきちんと支払ってくれるとも限りません。アパレル業界自体に非常に悪影響のあるトラブルですので、特に周知して防止していただきたいと思います。

※無料でアパレル業界の転職を目指すなら、ファッション・アパレル業界専門の転職支援サービスのクリーデンスがおすすめ。人気の有名ブランドを含む3400社以上の企業から、あなたに合った求人を探して無料で転職サポートしてくれます。
▶▶▶ 無料でクリーデンスの転職支援サポートに登録する
アパレル生産管理に関する記事

アパレル生産管理も縫製工程分析をした方が良い理由【生産の基本】

続きを見る

カラーバス効果とRASでアパレル生産管理を解説【製作総指揮】

続きを見る

アパレル生産管理が工場研修で意識して学ぶべきポイント【重要】

続きを見る

 

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル生産管理, APPAREL WORKS
-, , , , , , , , ,

© 2021 swingby-nino.com