工場・工程

アパレル生産管理も縫製工程分析をした方が良い理由【生産の基本】

アパレル生産管理も縫製工程分析をした方が良い理由【生産の基本】

※無料でアパレル業界の転職を目指すなら、ファッション・アパレル業界専門の転職支援サービスのクリーデンスがおすすめ。人気の有名ブランドを含む3400社以上の企業から、あなたに合った求人を探して無料で転職サポートしてくれます。
▶▶▶ 無料でクリーデンスの転職支援サポートに登録する

アパレル生産管理とは

ファッションアイテムを企画・デザインから販売するアパレル会社と、実際の製品製造を行う縫製工場との信頼関係は非常に大切です。そしてアパレル生産管理こそが、企画デザイナーと縫製工場との間を繋げる大切な役割を担います。しかし、最近では生産に関心しての知識がなく、工場に任せきり、丸投げ、といった状況を耳にすることが多くなりました。特に海外生産工場には生産事務担当者がいることが多く、日本からは仕様書のみで、ほぼ丸投げで管理をしなくても製品が出来がってくることもありますが、やはりトラブルも頻発し、日本に荷物が到着して問題が発覚してしまうという事態も起こっています。今回はアパレル生産で縫製工場と良い関係を築くために、必要な知識としての工程分析の基本をについて解説していきます。

工賃見積もりに必要な縫製工程分析

工場との縫製工賃の交渉は、アパレル生産管理の役割として必要なスキルの一つです。しかし、最近では生産知識が不足していることが多いことや、取引先から大至急工賃を出すように要求があることで、細部が分からない写真イメージや情報が全く足りないデザイン画のみで、縫製工場さんに工賃見積もりを依頼することを耳にします。そうすると、相互に食い違いが起こりがち。工場は情報不足からひとまず保険をかけた高めの工賃設定で見積もりを出さざるを得なくなり、結局取引先からは工賃が高いということで仕事を受けられない場合も増えてきます。

縫製工場さんに生産を依頼の際に、縫製工賃の見積もりを出してもらう時はどんな基準を持っているでしょうか?これまでの生産実績からのイメージで、工場からの見積もりには「安くしてください!!」っとただお願いしていることはないでしょうか。縫製工賃見積もりの一つの基準・目安として縫製工程分析があります。近頃は縫製工場さん側も、ほとんど社長の頭の中で組み立てて、工程分析として書き出すことまではしてないことの方が多いかと思います。実際その時間で計算すると、工賃が高くなってしまいます。そして、その分析を見せても90%の関係者がそれを理解できないので、それが適正かどうかも理解できていないのが現状です。

 

工程分析を見せて、これだけ工程と時間が掛かるから工賃が上がるって説明しても全然理解できないでしょ?
「・・・(;^_^A」

 

案外耳の痛いところではないでしょうか。ワタシが勤務していた自社工場を持つメーカーの営業マン・生産マン共に工程分析が理解できる人は皆無でした。「工程が多くなるから工賃がこれだけ掛かります。」と説明しても、「じゃあ高いから他の工場を探して!!」って言われて終了でした。

ビジネス=できるだけ安く作って、できるだけ高く売る ・・・これが基本なのは間違いありません。

生産工場の選択の余地のあった10年以上前ならそれでも良かったかもしれないが、日本国内の工場は減り続けている。地方といえど最低賃金は毎年上がり、外国人実習生制度も複雑化と新機構の仕事の停滞で、アパレル縫製工場の負担はどんどん重くなっています。これ以上、これまでの実績単価というだけでは縫製工場ももたなくなり、低単価の仕事を受けるわけにもいかなくなるのは間違いありません。

中国の工場でも沿岸地域の人件費が上がっており、効率の悪い小ロットは受注しないケースが多い。東南アジアもまた同じ状況になってきています。

 

以前私は、アパレルメーカーで生産管理職を経て、国内自工場の所長として勤務していました。しかし転勤で勤務して数か月で工場閉鎖が決定してしまい、工場を守ることができずに苦い経験をした人間です。

というと、工場側に立って話をしている。っと思われるかもしれませんが、

今後アパレル生産管理の仕事をする上では基本に戻り、ある程度生産工程分析を行い、生産の流れや工程ラインを理解して、縫製工場とフェアな交渉をできる知識を身に付け、継続的に仕事ができる関係を築いていかなければならないと思います。

 

アパレルの転職を検討しているならコチラ

 

スリット付きTシャツから基本の工程分析を考える

ハンガーイラストから工程分析を考える

Tシャツのハンガーイラストと仕様

 

まずは非常に基本的な形のスリット付き半袖Tシャツのハンガーイラストです。スリットは二つ折りで、袖口の二本針は丸縫いではなく先に平状態で二本針始末をすることを想定し、衿はフライスを使用しているTシャツです。しかし、このままでは縫製工場にはまだ目に見えない部分での選択肢もあります。

それがは袖を平で縫うか、 丸縫いするか、 ということです。

正直、外見(裏返さない)でこの違いを判断することは難しいです。
着てみて分かる人は?さて、どのくらいいるでしょうか?

 

Tシャツ(脇ー袖下一気縫い)  工程分析と図解

 

Tシャツ工程分析1 脇ー袖下一気縫い

 

Tシャツ 脇ー袖下一気縫い 図解イメージ

 

Tシャツ(袖丸縫い)  工程分析と図解

 

Tシャツ 工程分析2  袖丸縫い

 

Tシャツ 丸縫い 図解イメージ

 

注意

  • 工場の持っているミシンの台数等によって、工程順は変わることがあります。
  • 各工程のタイムは実際に計測したものではありません。経験則で記入しています。工場によって
    変わりますが、おそらく全くの検討違いということもないと思います。
  • 余裕率は、基本的に工程が少ない製品ほど低く設定しますが、二次加工等や色数等の様々な
    要素で工場ごとに変動します。
  • 1ラインでの売り上げ目標は、工場の人員・地域の賃金差・必要経費等、様々な状況で
    変わってきます。
  • 工場によっては、どちらが得意・慣れているかで変わってくる場合があります。

 

 

縫製工程分析から見積もりの考え方

  1.  3人のラインの場合  1日の持ち時間
    :  60秒 × 60分 × 8時間 × 3人 = 86400秒
  2.   86400秒 ÷ ( 工程の合計タイム × 余裕率 ) = 1日の想定枚数 
  3.   ラインの目標売上 ÷  1日の想定枚数  =  見積もり工賃

工賃の見積もりは、基本的には上記のような計算式が成り立ちます。

 

ポイント

  • 工程の合計タイム ・・・ オペレーターの熟練度により変動
  • 余裕率 ・・・ 生産ロット 色数 サイズ数 二次加工によるロス等で変動
  • ラインの目標売上 ・・・仕上げ・裁断他の人員要素 賃金 様々な必要経費で変動

 

 

アパレル生産の工場などの作業現場は、事務職よりもズバリ 時間=コスト

見積もりが合わなかったり、材料が高いから工賃を抑えたい。

アパレルの生産に携わったら、常に降りかかる問題ですね。工場さん側も、これまでのお付き合いや今後の仕事の兼ね合いで、何とか協力しようとしてくれることも多いでしょう。アパレル業界は儲かってはいないので、ワタシもこれまでの経験で何度も人情で仕事をしてもらうことがありました。

 

工程分析はイメージだけでもOK 時間とコストの関係を頭の隅に入れましょう

先ほどの工程分析は、あくまで一例として

袖丸縫いのTシャツは、脇ー袖下一気縫いのTシャツより、1着につき20秒多く時間がかかっていますね。20秒、長いと感じますか? 短いと感じますか?数十着くらいならさほど時間の長さは気にならないかもしれません。しかし、仮に3000枚の生産があったとして下記の計算を確認していきます。

 

  • 20秒差 × 3000枚の生産  =  60000秒
  • 60000秒=16.6時間=3人ラインの約5時間半
  • 60000秒= 最も安い地域の最低賃金¥762 × 約5.5時間 × 3名
    = ¥12573(福利厚生・光熱費 他含まず)
  • 60000秒= 脇ー袖一気縫いTシャツ 180枚分の縫製時間
    = 工賃¥462の場合は ¥82800の売り上げ

 

さて、この数字をどうご覧になられるでしょうか? もちろんビジネスでは常にセオリー通りにはいかないものです。ですが、工場に仕事を依頼する立場として、理解すべき点は多いのではないでしょうか。

  • デザイン変更で工程が増える。
  • 縫い方の指定で、作業時間が増える。
  • 品質ネームが間に合わず、後付けになる。
  • 生地の不良・プリント・刺繍不良でのパーツ裁ち直し

生産中の変更や確認事項の発生やトラブルは様々ですが、全て時間のロスに直結します。

→ アパレル生産で工場がフリーズするケースの記事はこちら

 

工賃を安くしてください!!

=短い時間で生産してください 、、、ということを意味していると言えます。

 

【結論】 アパレル生産管理は工程分析の基礎は知っておいた方が良い。

事務方であるアパレル生産管理は、工場に時間ロスをさせない段取りを取るべし

生地・プリント・刺繍・縫製・客先の急な変更

多くのトラブルの可能性は否めません。しかし、出来得る限り工場は止めない。時間のロスはさせない。このマインドで仕事をする限り、応えてくれる工場さんは沢山あるはずです。

ファッションそのものって感性の部分があったり、クリエイティブが重要だけれども、プロダクト現場に繋がるお仕事は、正確さや緻密さや計算も重視しなければならないと思います。ワタシはアパレル業界に長年いて、そういった部分が足りないと感じて仕事をしてきました。

生産が上手くいかなくなったときは、初心を振り返って、過去にはなぜ工程分析なるものがあったのかを、見直してみるのもいいかもしれません。

 

※無料でアパレル業界の転職を目指すなら、ファッション・アパレル業界専門の転職支援サービスのクリーデンスがおすすめ。人気の有名ブランドを含む3400社以上の企業から、あなたに合った求人を探して無料で転職サポートしてくれます。
▶▶▶ 無料でクリーデンスの転職支援サポートに登録する

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-工場・工程
-, , , , , , , , , ,

© 2021 swingby-nino.com