初心者のQ&A

【脱初心者】持っていたらちょっと嬉しいボルダリングブラシ

 

【脱初心者】持っていたらちょっと嬉しいボルダリングブラシ

ボルダリングに通うようになってきたら、ちょっとずつ道具も揃えていきたいものです。ボルダリングは、必要なアイテムは少ないです。ウェア、シューズ、チョークバッグ、チョークそれからブラシくらいです。ジムにも置いていますが、大きいジムでは数も限られていますので少し慣れて通うようになってきたら、マイアイテムが欲しいところです。今回は、持っていたらちょっと嬉しいボルダリング用のブラシをご紹介します。

 

ボルダリングブラシとは

ボルダリングには、必ず滑り止めにチョークを手に付けて登ります。チョークは、手の水分を抑えて滑らなくするために使用しているので、チョークそのものが滑りにくいわけではありません。ボルダリングは何人も同じ課題に挑戦している内に、ホールドにチョークが溜まってしまうと、ホールドは滑りやすくなってしまいます。

 

 

ボルダリングブラシはホールドに付着したチョークを掻き出して、ホールドが滑りにくくするために使います。課題の難易度が上がってくると、掴みにくいホールドが増えてきますので、チョークをしっかりと落として課題にチャレンジすることも必要になってきます。

 

ホールドのチョークを落とすと、手が滑りにくくなります。

 

チョークバッグに取り付けられるのが便利

チョークバッグには、だいたいブラシを取り付けられるホルダーが付いていますが、一応チョークバッグを買う時に確認しておくことをオススメします。マジックテープでホールドするタイプや、ゴム紐に取り付けるタイプがあります。

チョークバッグのゴム紐にブラシを指しておけるタイプ

 

おすすめチョークバッグの記事はこちらもどうぞ

 

ボルダリングブラシを選ぶとき

ボルダリング用の多くのブラシは、硬めの豚毛で毛が密になっているモノを選べば大丈夫です。高価なものから、かなりお手頃のものまでありますが、お手頃のブラシを使っていただいて問題ありません。

 

 


 

 マッドロックは、お手頃価格のブラシです。豚毛が固く、持ち手もしっかりとしています。大きなホールドでも、小さめのホールドでもまんべんなく使えるので、まずは導入としてオススメです。

 


ブラックダイヤモンドも、お手軽に購入できる価格のボルダリングブラシです。先端が細くなっているので、小さいホールドからでもチョークを掻き出すことができるのがオススメポイント。

 


トラスコの木製ブラシは、最も安価に購入できます。木製で温かみがあるのが魅力です。ボルダリングジムに置いているのもよく見かけますが、強度の弱さと毛の弱さが少し気になるところ。最初の一本としては問題なく使えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ボルダリングに通うようになって慣れてきたら、やっぱりマイアイテムを揃えていきたいところです。アイテムを揃えて、どんどんボルダリングを楽しんでいって下さい。

お得なボルダリングプランを探すなら

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-初心者のQ&A
-, , , , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com