初心者のQ&A

ボルダリングに筋力と運動神経は必要?【初心者の疑問を解消】

ボルダリングに筋力と運動神経は必要?【初心者の疑問を解消】

東京オリンピック競技にも加えられ、注目が高まっているスポーツクライミング。大きな商業施設にもボルダリングジムが入って入っていることもあり、トライしている様子を通りすがりに見かけたことがある人も増えているのではないでしょうか。何となく気になるけど、自分は腕立て伏せも全然できないし、最近スポーツもやってない。そんな方でも実はボルダリングは気軽に始めやすいスポーツなのです。ここからは、筋力にも運動神経にも自信がない。しかも最近体を動かしていないという人にこそボルダリングをおすすめする理由をご紹介します。

こんな方におすすめ

  • 腕立て伏せも全然できないくらい筋力がない
  • 運動神経に自信がない
  • 身長が低い、太り気味、手足が長くないから難しそう
  • 最近体を動かしていない

ボルダリングに筋力はいらない!!

「ボルダリングに筋力はいらない?」というと「絶対腕の力が必要でしょ!!」と言われるでしょう。コレは少し大げさに言ってしまってますが、ボルダリングを始める時に、先に腕の筋肉をきたえておく必要はありません。ボルダリングを始めるときには、ハシゴに登れるくらいの力があればいいと言われています。バリエーションの豊富なジャングルジムで遊ぶような感覚で、まずは気軽にボルダリングジムに行って体験してみることをおすすめします。先に筋力を鍛えておかないといけないと誤解している方が多いですが、始めるにあたって強い筋肉が必要というわけではありませんので、安心して下さい。

 

ボルダリングは筋トレとは違い、自分の体重以上の重さを支える必要はありません。バランスを取りながら、3点や4点で体重を分散して支えています。できるだけしっかりと下半身を使って、なるべく疲れないように登る工夫をするスポーツなのです。

ボルダリングは体を使ったパズル 運動神経は必要ない!!

ボルダリングは岩のパズルと言われています。ご自身の手足を使って、ホールド(岩を模した突起物)をどのように掴むか?や体重をどのようにかけるか?など、自分の体格や筋力にあわせて様々なバリエーションを試して失敗を繰り返してゴールにたどりつくスポーツです。経験するごとに体に感覚がつき、ふとした瞬間にパズルが解けたように登りやすい動きが見つかったりします。自分なりの登りを見つけるスポーツですので、球技などに苦手なイメージを持たれている方も楽しめるスポーツだと思います。

 

ボルダリングに体格差は関係ない!!

「ボルダリングに体格差は関係ない!!」って言うと、「絶対、背が高くて手足長いほうが有利じゃん!!」と思われると思います。確かに背が高いほうが有利だなと思うこともありました。ですが、ほとんどの課題は160cmの身長の人でも、180cmの身長の人でも工夫次第でクリアできるような設定になっています。また、課題によっては身長が高い人のほうがやりにくい課題もあります。

ボルダリングジムにはキッズウォールやキッズ課題が設定されているジムがありますが、身長が140cmくらいになれば大人と同じ課題に挑戦していきます。「岩のパズル」と言われているのもここからで、自分の体をどう使ってクリアするかを考えて動くのがボルダリングというスポーツですので、体格差はほとんど関係なく自分なりの楽しみ方ができるのがボルダリングの良いところなのです。

 

最近、体を動かしていない人にこそボルダリングがおすすめ!!

ボルダリングは、体をしばらく動かしていない人にこそおすすめしたいスポーツです。全身をまんべんなく使い、腕を高く上げ、体を捻り、足を高く上げたりもします。デスクワークで固まった体をほぐすことにも最適です。最初はやっぱり筋肉痛はさけられないと思いますが、通っていくたびに自然に筋肉はきたえられていき、腕のや股関節の可動域も広がっていきます。

デスクワークが多い方にさらにおすすめしたい理由としては、ボルダリングをすることで肩こりや腰痛が治る人が多いのです。腕・肩周りを大きく使うことで体がほぐれ、筋肉がつくことで腰・下半身も強くなっていきます。私自信も以前は肩こりがひどく頭痛がすることもあり、整骨院に通っていたのですがボルダリングを始めてから肩こりがほとんど気にならなくなりました。楽しんで通っていくうちに健康になり、自然と体もきたえられるという、まさに理想的な趣味だと思っています。

 

ボルダリングを約1年続けた効果の参考はコチラ

まとめ

いかがでしたでしょうか?オリンピック競技となってから、映画やアニメで取り上げられたり、注目スポーツとしてテレビでも目にすることが増えているので興味はあるんだけど、ハードルが高そうだなと思う方が多いようです。テレビなどでトップ選手の映像しか見ないので、「あんな動きできない!」「難しそうだ!」という印象になってしまっているかもしれませんが、やってみれば実は非常にハードルの低いスポーツであり、老若男女楽しめる趣味になると思います。是非、まずはお気軽にボルダリング体験をしてみてください。

ボルダリングジムで体験プランを探すにはコチラから

アソビューでボルダリング体験プランを探す

じゃらんでボルダリング体験を探す

 

始める前に知っておけば安心【ボルダリング初心者6つのあるある】

始める前に知っておけば安心【ボルダリング初心者6つのあるある】   ボルダリング始めたばかりの時って、不安に感じることが沢山あります。課題トライのタイミングにも、躊躇してしまうこともあるでし ...

続きを見る

まずはこれだけ!初心者が知っておきたいボルダリング用語10

まずはこれだけ!初心者が知っておきたいボルダリング用語10   最近スポーツとしても、趣味としても注目のボルダリング。興味あるんだけど、取っ掛かりが分からないな~って方も多いみたいです。ボル ...

続きを見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-初心者のQ&A
-, , , , , , , , , , , ,

© 2021 swingby-nino.com