ボルダリングの楽しみ方

ボルダリングを続けるとどんな効果がある?週一回の継続から解説

ボルダリングを続けるとどんな効果がある?週一回の継続から実体験を解説

オリンピック競技になったり、映画やアニメになるなど、少しずつ知名度が上っているボルダリング。やってみようかなって迷っている人には、ボルダリングって続けるとどんな効果があるの?ってところが気になるところだと思います。そこで一週間に一回、約2時間から3時間を続けた上での、効果を解説していきたいと思います。

1.ダイエット効果

スポーツの趣味を考えている人が一番気になっているのが、このダイエットとしての効果ではないでしょうか。ダイエットを重視してボルダリングを始めたわけでは無いのですが、筆者の体を基準にどうなったかを見て行きたいと思います。中肉で特に太っていたというわけではないのですが、見た目としてはちょっとポチャっとする入り口のような体型といったところです。

165cmの標準体重

165cmの標準体重 = 22 ✕{身長(m)の2乗}
22✕1.65✕1.65=59.9kg ・・・これが165cmの大人の標準体重とされてます。
参考サイト

ボルダリング始める前

身長:165cm 体重:61.5~63kg 
BMI数値は23くらいということになります。

始めて3ヶ月から6ヶ月

身長:165cm 体重:58.5~59.5kg
BMI数値は22くらいということになり、標準体重になりました。

2年後現在

身長:165cm 体重:61.5kg
BMI数値は22~23という数値となっています。

 

結果、ダイエットにはなってないじゃん!って感想になってしまいそうですが、体重の経過としては半年以降くらいから、ジワジワ増えて今は61kg前後で落ち着いています。食事制限はほぼやっていません。ボルダリング後に筋肉回復のためにプロテインを飲んでいたりするくらいです。ダイエット目的にしてしまうと、数字をクリアすることにフォーカスしてしまいます。【ダイエット】を重視している方は、食事との兼ね合いも考えたほうが良いかもしれません。

ただ、実感としてはやっぱり基礎代謝がアップしているのか、たまに食べ過ぎてもすぐに体重が標準には戻るように思います。実際に体重はさほど落ちていなくても、「ちょっと、やせた?」って言われることが多くなりました。

 

2.筋トレ効果

ボルダリングをトレーニングにと考えておられる方も多いと思います。ボルダリングは課題をクリアしていく、つまり楽しんで続けているだけで一定の筋肉がつきます。多少筋肉がつかないと、新たな課題をクリアできなくなります。次の課題、次の課題とこなしていくうちに、筋力はアップしていきます。始めてから2~3ヶ月もすると、特に腕周りや背中部分に実感が出てきます。まずは前腕・上腕筋・背筋から効果が早いと思いますので、今まで着ていた服が少し小さく感じてくるかもしれません。

体脂肪率の推移

体脂肪率:約20%(始めたて) → 16%(2年後)
男性の標準は10~15%未満とされていますので、まだまだですが改善されてますね。

ただ、筋肉をつけるためのトレーニングとは違い、ボルダリングは基本的に自分の体重以上の重さを引き上げる必要はほとんどありません。エキスパートくらいの上級者になるためには、別の筋トレが必要だと思いますが、ボルダリングは無理なく程よく筋肉が鍛えられるスポーツです。

 

3.健康に対する効果

肩こりの改善

ボルダリングの特徴としては、腕を上に上げたり、下から自分を支える必要がありますので、特に肩周りを大きく動かすスポーツです。PC仕事で凝ってしまった体を十分にほぐすことができます。様々な課題がありますので、全方向に腕を動かし、可動域も大きくなることで肩こりが解消されます。自分も以前は肩こりがひどく、整骨院に通っていましたが、ボルダリングに通うようになってからは肩こりをあまり感じなくなりました。

腰痛の改善

ボルダリングは始める前のストレッチも重要ですが、課題のクリアにも柔軟な体勢や体幹が必要になってきます。普段生活しているときにはありえないような姿勢になることもありますので、股関節の稼働や腰の稼働を行うこと、そして体を精一杯伸ばしたり、ひねったりすることで腰痛も改善されました。自分は腰痛持ちで、こちらに関しても整骨院に通い、二年に一回位のペースでギックリ腰になったこともありましたが、今は全くといっていいほど不安がなくなっています。

4.精神的な安定効果

ボルダリングには精神的な安定の効果も十分に期待できます。初級者から上級者まで課題は幅広くありますので、始めたばかりでも課題クリアの達成感、登りきったという充実感はとても嬉しいものです。そして一段回ずつ、次の課題、次の課題とクリアしていくことで、成功体験が生まれます。課題挑戦中の「ガンバ!」や、クリアした時の「ナイス!」という声掛けは、その喜びを何倍にもしてくれるのです。そして課題に挑戦している時の集中力は、うつ病にも効果的だという研究もなされています。ある意味体を動かして健全にストレス発散するという、当たり前のことなのかもしれませんが、ボルダリングもかなり精神的にも効果がありそうですね。

ボルダリングがうつ病にも効果的だという研究記事紹介がコチラ

 

5.考える力に関する効果

ボルダリングは、自身の体を使ってパズルを解くようなスポーツとも言われています。少し体験した方は分かると思うのですが、手の持ち方、足の置き方一つで、できなかった課題がいともカンタンにクリアできたりします。課題に対して、どう手足を使って、クリアするかは自由です。体型の差があるので、人と同じ方法で登れるかどうかも分かりません。イメージとしては、手足が長い身長が高い人が有利と思われがちですが、課題によっては小さい人が有利な場合もあります。トッププレイヤーはともかく、実際にスポーツ体型差はそこまで大きな問題ではないようです。手足にどう力をかけるのか?自分の得意な体勢は?先に左手を上げるのか、右手を上げるのか?という考えながらクリアします。失敗のほうがはるかに多いのですが、何故失敗したのか?どこに原因があったのか?次はどうやって登るか?頭の柔軟性や発想力も鍛えられる効果があるのではないかと思います。「できない!」という発想より、「どうやったらできるか?」という発想で考えることはビジネスでも求められるスキルですね。

ボルダリングの楽しさを7つの要素で解説

6.マナーを勉強できる効果

ボルダリングジムに行くと、本当に幅広い年齢層、まさに老若男女問わず楽しんでおられる方を見かけます。ボルダリングはマナーを守らないと危険なスポーツです。落下して接触してしまえば大事故に繋がります。そして、近くの課題に挑むときには、ぶつからないように順番を守ること、譲ること、相手の課題からゴールまでを確認しておくことも必要になります。キッズウォールであっても、なおさらマナーは大切ですよね。危険な部分はキッチリとルール、マナーを守らなければならないので、子供も色んな大人とコミュニケーションができます。また、お一人様であっても、難しい課題の相談をしたり、アドバイスをもらったり、知らない方と話をする機会も多くなります。

ボルダリングの年齢が気になる方はコチラ

まとめ

いかがでしたでしょうか。ボルダリングを週に一回続けるということで、健康とある程度良い体型を維持することができています。それに加えて、成功体験や達成感がレベルに応じて感じられるので、精神的な部分でもかなりいい影響があると思います。なかなか、スポーツの習慣ができない、ジムに会員登録したが続かないという方は、是非まず体験してみて下さい。

アソビューから、色んなボルダリングジムの体験プランを探すことができます。

アソビューで体験プランをさがす

週一回、ボルダリングを続けるコツ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-ボルダリングの楽しみ方
-, , , , , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com