ブログの活用

ホームページを作っただけでは意味がない。コツコツ運営して集客する理由とは

ホームページを作っただけでは意味がない。コツコツ運営して集客する理由とは

ホームページを作った後ですぐに、検索したけれどウチのホームページが出てこないといったことを問い合わせされることがあります。これはインターネットや検索エンジンの仕組みに関して少し勘違いしていることが原因です。この仕組みを理解していただければブログ発信をするなど、集客もしなければホームページを作っただけでは意味がないということがお分かりいただけると思いますので、分かりやすく解説していきたいと思います。

最初、ホームページは何もない広い宇宙の誰も知らない場所にいる

実はホームページができたばかりの時は、そこにたどり着く道を誰も知らないような状況です。Googleなどの検索エンジンすらその存在を知りません。真っ暗で広大な宇宙にポツンと点ができたようなものなのです。例えば実店舗や事務所は、道路もあってインフラの整った場所にオープンするため、偶然にも人が通り掛かって入ってくるかもしれません。しかし、作りたてのホームページは道路も標識も何もない場所にあります。誰かがフラッとたどり着く可能性はまずないのです。だからこそ、まずは住所を配って地道に誰かに訪問してもらうことや、広告を配って来てもらうことなどが必要になるのです。

参考

2019年に公開されていたウェブサイトは約16億でしたが、2021年では約18億という調査があり、1年に1億サイト、1日に約270万のサイトが生まれている計算になります。ただ、そのうち固有ホスト名を確認できる、有効なウェブサイトが25%程度と言われており、それでも1日には約67万5千サイトが作られていることになります。

GoogleやYahoo、Microsoft Edgeなどの検索エンジンとは

検索エンジンの役割は、基本的に一般ユーザーが欲しがる情報を出すことを目的にしています。これまでの人が検索してきたキーワードを学習して、「あなたの欲しい答えはこれですよね?」っと順位をつけて参考になるサイト候補をユーザーに提供しています。そのため、もしホームページを作成したあとに、ご自身の会社名を検索してみたとしても、同じ名前の会社がすでに存在してサイトを運営していれば、そちらが上位に表示されます。場合によっては、地域の企業情報や転職サイトのページが上に来ることになります。これは、今までの検索履歴や実績からユーザーの検索に対して、この情報こそがユーザーに提供する情報だと検索エンジンが判断した結果なのです。

人が沢山歩けば、けもの道がやがて街道になっていくように

自社のホームページを上位に検索されるようになるには、まずGoogleの検索エンジンにそのページを認識してもらう必要があります。そして、ユーザーにとって有益となる情報を発信することや、SNSなどからも集客することで実績が積み上がっていきます。人が多く通ることで、その道が広がって踏み硬められる。そうすると、様々な発信が評価を受けてGoogleがユーザーに標識を示してくれるというわけです。意外と考え方はアナログなのです。

ブログ発信で自社のページへの道を増やす

サイトのページ数は、ユーザーにとってのドアの数を増やすことになります。企業情報やサービスに関してや、コンタクトページなどは固定された情報が多く、加筆することやページを新しくすることも少なくなってしまいます。しかし、ブログページは柔軟に営業的な情報から、製品情報や一般の方にとっても、なるほどと思える情報発信などを柔軟にすることができます。ページ数=情報量=サイトの評価を上げることにも繋がります。しかし、ただ闇雲に発信するだけでなく、会社をどんなユーザーに見つけてもらいたいのか?この会社を探したいと思う人は、いったいどのようなキーワードで検索するのか?っということを意識して発信すると、より効果的にホームページを運用することができます。

ブログネタに100%困らないネタ集めの方法はコチラ

基本的なSEOはGoogleの考え方を理解すること

検索エンジンに評価され、上位表示されるための対策を検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の頭文字を取ってSEO対策といいます。この対策を意識して記事をアップすると、自社の関連するキーワードで検索された際に上位に表示されることになります。Googleのアルゴリズムは「コレ」っといった正解は誰にも分かりません。そして、評価基準は日々変わっていると言われています。では、いったいどうすればいいのか?基本的にGoogleは「多くの人にGoogle検索エンジンを使ってもらいたい。」と考えています。つまり、それはユーザーにとってより良い情報が提供できなければ実現できません。そのためにGoogleも日々進化しようとしているわけです。つまり企業が発信する情報も、ユーザーにとって「分かりやすい」「有益である」という相手目線を意識して発信することこそが答えであることに変わりはないのです。

ポイント

僕は以前のアパレルOEMメーカー在籍時に、ブログでポロシャツのリブのバリエーションについて記事を書きました。すると数週間後にアパレルさんからリブの作製を依頼できますか?っと問い合わせがありました。先方さんに「どのように検索されてウチに問い合わせされたんですか?」とお尋ねすると「衿リブ メーカー」というキーワードで検索されたとのことでした。調べてみるとたしかに僕の書いたブログがその時は1位となって表示されていました。このように予期せぬことで検索されて、お問い合わせにたどり着いていただけるケースもありますので、積極的にまずは発信し続けることが重要です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-ブログの活用
-, , ,

© 2021 swingby-nino.com