ECショップ

【簡単ECデビュー】PC初心者でも作れるネットショップ

【簡単ECデビュー】PC初心者でも作れるネットショップ

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、外出に対しての警戒感から未だに街中での人の流れは戻ってはいません。そこで注目されているのが、ECショップを活用してのインターネット販売ではないでしょうか。今後はさらに工場から直接の製品販売や個人製作物の販売も加速していくと思われます。簡単にECショップ立ち上げができるサービスはいくつもあるのですが、どんな特徴があって、どう選べばいいのかを解説していきたいと思います。

ECショップの種類

1.BASE



ベイス株式会社が運営するECショップ開設サービスは、まずは初期費用や月額のランニングコストが掛からないという部分が初心者には最も安心できるサービスです。ショップ開設するには、ショップのURLを決めて自分のアカウントのためのメールアドレス認証するだけで、新規ショップの登録ができます。後は、ショップ設定と運営者情報を確定し、決済方法を決めてしまえばショップとしての機能は完了します。残りは商品を設定してショップを公開すれば良いので、1時間以内にショップは出来上がるでしょう。簡単なので商品写真や、商品説明に力を入れることができます。ショップ内のクーポンや送料等の細かな設定やデザインは、サイト内の無料アプリを利用したり購入することもできます。

常に商品が売れなくても月額手数料が掛からないのですが、各注文ごとに6.6%+¥40の手数料が発生しますので、売り上げが上がってくると手数料が少し高く感じてくるかもしれません。

▶▶▶BASEでECサイトを立ち上げる

2.STORES

ストアーズドットジェイピー株式会社が運営するサービスで、こちらも初期登録のみでショップ開設が可能です。月額無料で決済手数料が5%のプランと月額手数料が¥1980(初月無料)で決済手数料が3.6%のプランがあります。月に20万くらいの売り上げをコンスタントに上げることができれば年間¥10000近くのコストカットをすることができます。

特長として大きいのが倉庫サービスが存在しています。ECで問題となるロジスティック機能をまとめて依頼することができるので、コスト面が可能で、どんどん売り上げを上げたいということを想定している場合は自社で提携する物流倉庫を探さなくてもいいのでメリットがあります。

▶▶▶STORSでECサイトを立ち上げる

3.Shopify



Shopify_Japan株式会社が運営する元々は海外のサービスとなります。世界中1000000以上で使用されている実績があり、ECサイト運営に必要な基本的な機能が揃っています。海外を見据えて販売していくことを考えているなshopifyを使うことがおすすめです。

▶▶▶ShopifyでECサイトを立ち上げる

 

ECモールへの出店とECサイト立ち上げの違い

アマゾンや楽天などの大型のECショッピングモールへの出店や、ZOZOのようにアパレルに特化したサイトに出店する場合と、ECサイトを立ち上げるということでは大きく違います。ショッピングモールには、もうすでにお客さんが沢山訪れるような立地条件となっており、集客に力を入れなくても多少はお客さんが訪れる条件が出来ています。しかし自社管理のECサイトは自分達で集客しなければ、お客さんは全く訪れないお店になってしまいます。自社のECサイトにお客さんを呼び込むには、自社のホームページやSNSとの連携は不可欠です。ECモールを併用しながら、自社管理のECサイトを育てていくという方法がECでの販売を増やすことが費用は掛かっても確実にEC売上を伸ばす方法だと思います。

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-ECショップ
-, , , , , , , , ,

© 2021 swingby-nino.com