超初心者からのWordpressとブログ

中小規模アパレルや縫製工場・個人でもホームページを作るべき理由

中小規模アパレルや縫製工場・個人もホームページを作った方がいい理由

2021年1月の調査によると、日本国内のスマホ・ケータイ所有者のうち「スマートフォンを所有している」とした人は92.8%にも登っているとの調査結果が出ています。コロナ禍ではその流れはさらに加速し、オンラインで会議やセミナーができるZOOMなどの利用もどんどん広がってます。そんな中でアパレル業界でも中小アパレルメーカー、縫製工場など自社のホームページ(ウェブサイト)を持っていない企業も多数あります。インターネット上で自社の存在が見つけてもらえないことは非常にもったいないことです。ここからは、小規模の事業所でも必ず、今からでもホームページを持った方がいい理由を詳しく解説していきます。

目次

ホームページの役割とは

1.企業案内

一昔前までは企業案内といえば、紙でできたパンフレットでした。新規の営業の際には必ず持っていったことでしょう。紙媒体のパンフレットはそれはそれでずっしりと重みがあってよかったのです。しかし、たくさんの訪問者がいるなかで自分がいただいていた会社案内のパンフレットがどこにいったかと思うと、大事にしまっていたものの、どこにまとめておいたか分からなくなってしまったり、場合によっては捨ててしまってはいないでしょうか。ホームページ上の企業概要は、企業名を検索すればすぐに見つけられます。自分でしまっておく必要もありません。調べたいときに何時でもすぐに自由に見られるパンフレットとしての役割を持っています。また一度作ってしまえばパンフレットのように印刷のコストが掛かることもありません。自社にとっても、お客さんにとっても利用しやすいものなのです。

2.日本全国・世界中に向けた24時間立っている看板

今はインターネットで何でも調べられる時代です。特に若い人ほど、積極的に活用するでしょう。極端に言えばインターネット以外で調べ物をしたり、新規で縫製工場を探すという術を知らないとも言えます。つまり、インターネット上に自社の存在がなければ、見つけてもらうことが非常に困難なのです。場合によっては、企業情報のデータベースに企業名・電話番号などの記載を見つけることができます。しかし検索する側の立場から見れば、たったそれだけの情報では「いったどんな会社なのか?」「どんなことが得意な会社なのか?」「現在も続いている会社なのか?」など、不確定で不安な要素が多いので問い合わせをしてみようとは思わないものです。

会社のパンフレットとなる企業概要も掲載されていて、会社の様子が分かる。「どんな社長さんで、」「どんな社員さんが働いているのか、」そして「どんなアイテムを作っているのか」。ホームページに顔を出していれば、さらにイメージが湧きやすいです。詳しい情報が分かっていればいるほど、連絡も取りやすく、お互いに無駄となる問い合わせが減ることにも繋がります。ホームページとはっていることで、日本全国、さらには世界中に向けて24時間絶え間なく看板を出していることになるのです。

3.24時間自動で働く営業マン

私は以前アパレルOEMメーカーで、縫製工場さんと折衝してカットソーアイテムを生産する生産管理業務をメインに仕事をしていました。ですが10年以上前に作られ放置されていた自社のホームページがファッション業界の企業としてあまりに遅れていると感じていたので、ページのリニューアルを提案することにしました。その結果、ホームページのリニューアルに関してのディレクションを任され、さらに引き続きブログ運営やSNSを使用して自社の情報を公開していくことになりました。すると、リニューアルから約3ヶ月後から徐々に問い合わせの電話をいただくようになってきたのです。

ホームページのリニューアル前は、相手先から問い合わせがあることなど全くといっていいほどありませんでした。しかし、ブログでコツコツと地道に発信することで、営業担当が新規顧客を足で探すことなく、逆に相手からの問い合わせに繋がったのです。ブログには自社製品のアイデアや協力工場さんのプリントや刺繍、そして得意としていたポロシャツのリブのサンプルなども載せていました。自社の強みを明確にすることで、お客様から問い合わせがしやすいようになったと言えます。つまり、ホームページそのものが会社のことを24時間売り込んでくれる営業マンとしての役割を果たすことができるのです。しかも、それが外回り営業をしていない生産管理担当でもできるというわけです。

4.無料でできる求人募集

企業のホームページには、必ずといっていいほど求人情報を載せているリクルートページがあります。ホームページに訪れた人が直接応募をしてくれる可能性もあります。また、ハローワークなどと併用して募集をかける際にも、ホームページに会社の情報をしっかり載せることで、応募者が安心して応募してくれたり、ミスマッチを減らせることにもつながるという相乗効果があります。自信が仕事を探している様子を想像してみてください。ハローワークで紹介されたとしても、今では必ずといっていいほどインターネットで企業情報を調べてみると思います。その時ホームページがないということは、不安要素・マイナス要素になってしまうのではないでしょうか。

4.営業ツールやマニュアル

ブログ記事をカテゴリー分けすると営業のためのツールや、マニュアルとしても利用できます。私がアパレルメーカーでブログ運営をしていた際には、プリントや刺繍の二次加工業者さんのサンプルをお借りしてブログで数多く紹介していました。これをカテゴリー分けしてブログに残しておくと、営業マンがそのサンプルを持っていなくてもスマホやPCから検索してデザイン提案用ツールとして利用することができました。

この3つの記事は全て僕が書いた記事です。

またアパレルの物流検品工場でブログ運営をしていた際には、海外生産のトラブル事例をブログに書きました。こういったトラブル事例はマニュアル化されていることも少なく、経験者が会社からいなくなるとまた一から対処しなければならなくなります。事例やその時の対処方法を残しておくことブログそのものがマニュアルとして役に立った事例です。この記事は全て自分の記事で、同じトラブルが起こったので詳細を知りたいといった問い合わせを頂いたり、検査機関の方にもこの対処方法が役に立ちましたと言っていただけました。

 

中小規模アパレルや縫製工場が、なぜホームページを作らないのか?

では、メリットが多いホームページをなぜ作らないのでしょうか?おそらくよく分からないという部分が多く、特に気になる価格もピンキリなので、どこの制作会社にお願いしたらいのか分からないということが一番大きなネックになっているのではないでしょうか。ホームページを作るためにはいったいどんな費用や人件費がかかるものなのか、最低限知っておいたほうが良いと思うことを解説します。

1.ホームページを作る前に知っておきたいこと。

実はホームページを作るために必要なものは多くはありません。しかも中・小規模アパレルメーカーや縫製工場には、記載しておくべき情報量そのものが多くはないので初期段階の固定ページは数ページあれば十分です。最近は無料でデザインまでできるツールも多数ありますので、想像されているほど高いコストはかかりません。また、あまりオススメではありませんが、無料でホームページを作れるサービスも存在します。逆にホームページに高い制作費を見積もってくる場合は、不必要なデザインや機能を入れていることもありますので、最低限の知識を知っておくと良いのではないでしょうか。

無料サービスでホームページを作ることをオススメしない理由とは

2.ホームページ作成に必要なものとは

1.レンタルサーバー

サーバー(server)とは「サービスを提供する側のコンピュータ」のことで、基本的にはデータ・ファイルの保管する役割を果たしています。ホームページを作るには、自分の持っているコンピュータでは保管しきれないデータを保存するとともに、多くの人が同時にそのページを閲覧できるようになっています。

サーバーはよく、家やマンションなどの不動産に例えられます。ホームページを作る際のレンタルサーバーは、いわばマンションの一室を倉庫として借りているようなイメージです。その一室にサイトを作ってデータを保管しておき、訪問してくれた人にホームページを見てもらうというわけです。レンタルサーバーは安いものは、月額¥500から¥1000程度で借りることができます。また、メール用のホスティングサーバーをすでに使用している場合は、新たに契約することなくホームページにも使用することができる場合があります。ただ、メール用としてのみ契約していたサーバーは容量も少なくスピードも遅い場合があるので注意してください。

失敗しないレンタルサーバーの選び方

 

2.独自ドメイン

独自ドメインとは、〇〇.comや〇〇.jp・〇〇.netなどを指します。ドメインは世界で一つだけのオリジナルのものとなります。企業であれば、〇〇の部分に自社の英語表記やローマ字表記をするのが一般的です。ドメインはサーバー会社に借りたマンションの部屋に、訪問者を案内しやい表札を付けるようなものです。または、マンションの部屋番号まで案内している住所を意味しています。ドメインはドメイン取得事業者で契約することもでき、またレンタルサーバー会社でも取得可能な会社もあります。ドメインはそれぞれの表記によって値段が変わり、1年契約で¥2000前後のものが多いです。最近は数十円で取得できるドメインもありますが、2年目からの値段が数千円に上がるドメインもありますので取得と更新の値段もチェックしておいてください。

おすすめのドメイン取得事業社とは

 

3.色々なホームページ作成ソフト

ホームページの制作用ソフトは無料、有料のものまで様々なものがあります。基本的には有料はマニュアルがしっかりとしていてサポートまで充実しているという特徴があります。無料のタイプはネット内で、使い方の説明をコツコツ勉強しながら進めていける人には向いていると思います。時間がないという方には、アドバイスを受けられるような有料タイプがおすすめです。

ソフト名特徴価格
ホームページ・ビルダー22初心者からプロまで簡単に高品質なホームページを作成できる。WordPressテンプレートもあり。11,800円~26,500円
Adobe  Dreamweaverシンプルなコーディングエンジンを用いてホームページを作成可能。AdobeCCでIllustrator・Photoshop等を併用するとプロのデザインツールとしても有効。単体月額2728円
AdobeCC法人月額4158円~
BiNDupSEO観点でのアドバイス機能が充実している。
マーケティングツールなども充実
エントリーコース:初年度無料 2年目以降月額528円
基本コース:月額2780円
ビジネスコース:月額8983円
シリウスブロガーのアフィリエイトサイトの作成の量産に特化。18,800円~24,800円
ホームページV4初心者でも簡単に多くのデザインでサイトが作れるダウンロード版:5478円
あきばれホームページ公開後も手厚いサポートを受けられる。
自社とは関係のない無料ソフトに関してや、開設後い必要な情報も公開しているので印象が良い
標準パック(コンシェルジュ付き) 初期費用:49,800円、月額費用4,900円
ペライチ簡単なページとECサイトが作れる。
予約システムなども可能
スタートプラン:無料
ライトプラン:月額1078円
レギュラープラン:月額2178円
ビジネスプラン:月額3278円
Microsoft Expression Web見たまま編集が可能。無料

デザインテンプレートは結局は1つしか使用しないので、実は多く用意されていてもあまりお得ではありません。却って迷って進まないなんてことにもなりかねません。また初年度無料などのサービスも、1年も継続すれば辞めるのがもったいなくて何となく続けざるを得なくなる可能性があるので少し考えものです。なるべくは、自社にウェブに関する知識を持った人材を育てるか、中小企業なら社長ご自身で知識を付けながらサイト運営するのが理想的だとも思います。

 

アパレルデザイン・ウェブデザインなど様々な現場で使用されているソフト、IllustratorやPhotoshop、動画編集ができるPremiere Proを含むAdobeCCを格安で使いたいなら、デジハリオンラインのAdobeマスター講座がおすすめ。
3ヶ月の基礎動画講座を受講するので、最安値・学生価格でAdobeCCを1年間使うことができます。しかも、毎年受講できるので毎年復習しながら学生価格でずっとAdobeソフトを使い続けられます。
▶▶▶ マスター講座で、アドビCCを最安値で使う

4.ホームページはどのようにできているのか?

基本的にホームページはHTML(Hyper Text Markup Language・ハイパー テキスト マークアップ ランゲージ)というマークアップ言語と呼ばれるコードと、CSS(Cascading Style Sheets・カスケーディングスタイルシート)という2種類のデータ。それにページ内に挿入されている画像データでできています。それぞれのデータは、右の例のようなコードの集まりとなっています。この場合、ホームページにどんどん新しい情報をアップするには毎回このようなデータをページごとに作製しサーバーにアップするといった作業が必要となります。これでは非常に手間がかかり、初心者から覚えてスキルをつけるにはかなりの時間が必要になってしまいます。

 

5.ホームページとブログ発信を併用するならWordPressがおすすめ

WordPressとはCMS(コンテンツマネージメントシステム)という、無料で使用できるシステムです。先に解説したようなHTMLとCSSのデータを作るようなことをシステム化して、IT知識が豊富でなくてもホームページ作成とブログの更新が出来るようになっています。最近のレンタルサーバーでは、ほぼ100%このWordPressを簡単にインストールできるような仕組みとなっています。元々はブログ運営に適したシステムだったのですが、企業のホームページにも多く使われて、全世界の約4割のサイトがWordPressを使用しているとも言われています。検索エンジン最大手のGoogleからも、非常に親和性の高いシステムと評価されています。HTML・CSSコードの使い方を覚えるということをスキップして、本来必要な会社の製品情報や新作サンプルの情報など、コンテンツの内容に力を注ぐことができ、何より企業内の固定情報が少ない中小アパレルメーカーや縫製工場がホームページからの情報発信と情報の蓄積をするには、ブログを簡単に作れることは非常にメリットがあります。

さくらサーバーでワードプレスをインストールする手順

mixhostサーバーでワードプレスを設定する方法

6.ホームページの核となる企業情報

企業ホームページを作るには、もちろん会社情報や事業内容が必要です。しかし、この情報はパンフレットと同じような、ほとんど決まった形式があるので、簡単にまとめておけば問題ないでしょう。企業として特徴となるイメージを打ち出したいならば、企業理念や代表者挨拶などで個性を出していくと、ホームページから共感や信頼感が生まれるでしょう。

1・企業概要ページ 〇〇株式会社とは
2・事業案内  〇〇株式会社の製品やサービス
3・アクセス
4・お問い合わせ
5・求人募集
6・NEWS/BLOG

シンプルに企業ホームページを作るなら、おおまかな構成はこれで十分です。後は必要に応じてページを増やしたり、ブログで情報量を積み上げることで、多くの人に見つけてもらえる企業サイトにしていくことができます。一気に多くの情報が必要というわけではなく、簡単に作ってコツコツ発信し続けることのほうが重要なのです。

7.企業イメージとなる写真・イラスト

企業イメージとなる写真をキレイに撮れたら良いのですが、商用にも使える無料の写真やイラストをネット上で探すことも可能です。その写真を必要となる部分をカットしたり、サイズ調整したり、コンセプトなどを文字入れするだけで、会社オリジナルのイメージがついたデザインになるでしょう。

商用利用可能な無料おすすめのフリー写真素材のサイトとは

実際に企業ホームページを作るために必要な準備とは?

企業ホームページに不可欠な固定費は意外と少ない

ホームページ作成のために、絶対に必要な固定費はレンタルサーバー代がおよそ月額¥500から¥1000、そしてドメイン代が年間約¥2000程度、合わせると年間で約¥15000くらい、月額では¥1300円程度。制作にはデザインやライティング・コピーライティングのスキルも必要ですが、意外と必要不可欠な固定費というものは少ないのです。

必要不可欠な固定費
ドメイン年額 約2000円 (月額約166円)
サーバー月額 約500円~1000円

企業ホームページ作成に意外と難しい言語化とは

私は会社のホームページをリニューアルした際に、企業理念やコンセプト、代表者挨拶等の内容に非常に苦労しました。自分が経営者でもなければ、一部署の責任者でもなかったのです。社長を始め、役員の方々に企業理念や挨拶文を書いて欲しいとお願いしても、返ってきた答えは「理念がないのが理念かな…」や「挨拶に何を書いていいのか、分からない。」っといった答えだったので驚きました。100年以上続く企業のトップであっても、自分の会社を冷静に見た時に、「会社の理念やアピールポイントってなんなのだろう?」っと分からなくなっている方も多いのです。思いの外、言語化することの難しさを感じました。

会社理念・アピールポイントを具体的に言語化するヒントとは

 

続けて積み上げること。Google検索で上位表示されるためのホームページ運営

ホームページは早く取り掛かってすぐに公開すること

企業のホームページがない会社さんは、今更作っても遅いんじゃないの?すぐに効果が出るものなの?っと質問をされることがあります。答えは、今更でも作ったほうが良いです。そして、取り掛かるのはとにかく早ければ早いほうがいいです。それにはSEO対策によるGoogle検索エンジンの評価が関係しています。ウェブサイトのドメインは、サイト内の情報量や更新頻度、訪問者数の量やページにどれくらい滞在したかなどによる実績を評価してGoogleがキーワードによる順位付けを行っています。一つにはシンプルに長く継続していることも信頼性の評価の対象になっていると言われているので、昔作って放置してあったドメインでも評価はされているのです。そのため一気に評価を上げることは難しいですが、単純になるべく早く始めて積み重ねていくことも重要です。

参考

少しの間在籍していたアパレル検品会社のホームページを、在籍中にリニューアルしました。15年くらい前に作っていたホームページがあったのですが、新しいブラウザに対応できておらず、ページは歪んでところどころ機能していませんでした。当然その時は、ホームページからの問い合わせはほぼありませんでした。リニューアルをしてしばらくブログを更新するとともに、ホームページからの問い合わせがあり、退職して2年経ったいまでも、月に何件かの新規問い合わせが来ているとのことです。

ホームページを作ること=すぐにGoogleで検索したら出てくると思い込んでいるのは勘違い

情報を積み上げるには継続してブログ発信することが重要

「中小規模の会社には、毎日更新するような情報なんてないだろ!」っとアパレルOEMメーカーで、ホームページを担当している時に言われました。確かに毎日ネタを考えるのは大変です。しかも本業の生産管理業務をこなしながらだったので、我ながらよくやっていたものです。週に3~4回は投稿し続けていました。中小規模の企業は特に、企業情報ページや製品・サービスページ・お問い合わせページなど、固定的な情報ページも少なくなってしまいます。だからこそブログページとして発信を積み上げていくことが最適です。ページが増えれば増えるほど、ユーザーにとっての入り口が増えるので、より集客の可能性も広がっていくのです。

ブログネタに100%困らないネタ集めの方法はコチラから

ホームページはなるべく自社でコントロールできる状況にする

しっかりと一度でホームページ制作会社と良い信頼関係ができるなら制作会社に丸投げでも良いのですが、もし不都合が起きた場合のことも考えて、ウェブサイトを作る上で最低限の仕組みを知って、自社で管理できる部分は自社で管理の元に置いた方がいい場合があります。独自ドメインとサーバーは自社の所有する資産と考えると分かりやすいかと思います。またサーバー内に蓄積していくブログも、大切な自社の資産としてのでデータと考えていただくと、自社管理できるのが最も都合がいいと思います。

ホームページを運営することの重要性とは

ホームページは作っただけではあまり意味がありません。常に自社のことを発信することで、ネット上からの繋がりからも仕事を獲得したりスタッフを集めたりすることも可能になります。私は地方の工場で勤務したことがあります。しかし工場に会社名の入った看板はあるものの、周囲の住人の方々からここは何の会社なのか?っということがほとんど知られてはいませんでした。地元の人にも知られていないということは、地域における情報ネットワークが生まれないということです。なかなか一般の方から縫製の仕事を受けることは出来なかったかもしれませんが、知られていたらもし【縫製がしたい】【縫製が好き】という方の仕事の応募はあったかもしれません。知られていないということは、多くの可能性を狭めてしまっているのです。インターネット上で発信するということは、さらに多くの人の目に触れる機会を作ることができるので、様々な可能性を増やすことが出来ます。

まとめ

今の時代は様々な無料のツールも開発されていますので、本当に安価にホームページを作れるようになりました。今では企業にとって、初めに必要なものといってもいい企業の名刺とも言える役割を果たします。もはやホームページは地方の工場や中小規模の会社、さらに個人事業主など、規模や場所に関わらず作るべきモノになっていると感じています。そして私のような個人でもサイトを運営することができているということも事実であり、全国の人に見ていただいているだけでなく、海外からも問い合わせもあるのです。自分たちの会社には必要ないっと決めつけてしまわないで、是非ネットの活用に取り組んでみてはいかがでしょうか。

プロフィール画面からLINE友達に登録してくれた方に、簡単サイト開設までの手順をプレゼントしています。

詳しくはコチラ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-超初心者からのWordpressとブログ
-, , , , , , ,

© 2021 swingby-nino.com