Wordpress

誰でもできる!さくらインターネットサーバーでWordPressサイト開設

誰でもできる!さくらインターネットサーバーでWordPressサイト開設

コストパフォーマンスが良く、最初に自身のサイトを持つならピッタリの安心感ある老舗IT企業のさくらインターネットのレンタルサーバー。コントロール画面も改良されてますます使いやすくなった【さくらのレンタルサーバー】でWordPressをインストールして、初心者でも30分あればサイトを立ち上げられる方法を日本一やさしく、見やすく解説していきます。

▶▶▶2週間無料でお試し出来るさくらのレンタルサーバー公式サイトを見る

さくらのレンタルサーバーのコントロールパネルにログインする

さくらのレンタルサーバーには、いくつかの方法でコントロールパネルにログインすることができます。コントロールパネルへのログインは、会員登録を完了してレンタルサーバーの申し込みが完了してから操作して下さい。

1.メールに記載されているURLからコントロールパネルにログインする方法

サーバーの仮登録が完了した際に、さくらインターネットから上のような契約者情報が送られてきます。このメールは契約情報の他に会員IDや後に必要になってくるFTPアカウントやパスワードが記載されていますので、メールを分かりやすいように保管しておくか、メモ帳などにコピーして内容を保存しておいてください。メールに記載されている赤枠のURLをクリックしてもサーバーコントロールパネルのログイン画面に進むことができます。

コントロール画面へのログインの際は、上の欄には先程の契約者情報が記載されている会員IDもしくはドメイン名(〇〇.sakura.ne.jp)、初期ドメインのメールアドレスを入力。下の赤枠にサーバパスワードを入力してログインしてください。コントロールパネルのログイン画面はブックマークしてお気に入りに保存しておけば1クリックでログイン画面に進めるので便利です。

2.会員ログインからマイページにログインしてコントロールパネルに移動する

会員ページはサーバーの契約状況などが確認できる会員専用のページです。

この会員ページへのログインには、メールに記載されていた会員IDとアカウントを作成した際に自分で決めたパスワードを入力してログインします。

会員メニューにあるサービス契約状況確認をクリックして下さい。

会員トップページから契約中サービス一覧画面に移ります。すると現在のサーバー契約等の一覧が出ますので、右の赤枠の【コントロールパネルを開く】をクリックすると、サーバーのコントロールパネルに移動することができます。

3.【コントロールパネルログイン】からコントロールパネルにログインする

さくらのレンタルサーバ画面の、③赤枠部分の【コントロールパネルログイン】をクリックしても直接コントロールパネルのログイン画面に進むことができます。

コントロール画面へのログインの際は、上の欄には先程の契約者情報が記載されている会員IDもしくはドメイン名(〇〇.sakura.ne.jp)、初期ドメインのメールアドレスを入力。下の赤枠にサーバパスワードを入力してログインしてください。コントロールパネルのログイン画面はブックマークしてお気に入りに保存しておけば1クリックでログイン画面に進めるので便利です。

コントロールパネルからWordPressサイトを設定する方法

コレが一新されたサーバーコントロールパネルです。この一年くらいの間に改良されシンプルで非常に見やすい画面になりました。WordPress設定画面に進むには主に2つの方法がありますが、たどり着くページは同じですので好きなように進んで下さい。

WordPressのインストール画面-1

コントロールパネルを開くとすでに見えているWordPressインストールボタンをクリックする。

WordPressのインストール画面-2

コントロールパネル画面の左にあるメニューから【Webサイト/データ】にカーソルを合わせると、さらに右にメニューが出てきます。そこで【クイックインストール】を選択してクリックして下さい。

【WordPress】の項目にある【新規追加】ボタンをクリックしてください。

さくらサーバーでのWordPressインストール手順

 

まず①はWordPressを使ってサイト構築したいドメインを選択して下さい。

さくらのレンタルサーバーで外部管理しているドメイン設定する方法はコチラ

②WordPressでサイトを作るには、データベースが必要になります。すでにデータベースを用意していれば、紐付けしたいデータベースを選択して下さい。データベースを作成する場合は右側の【データベース作成】ボタンを押して、データベースを作成してください。テーブル接頭辞とはデータベースの中のデータ名に関することです。自動入力されていますので、初期設定のままでOKです。

さくらサーバーでデータベース設定をする方法はコチラ

④のサイトのタイトルは、WordPressの管理画面で後から設定ができます。まだタイトルが決まっていなければ空欄でも構いません。⑤のWordPressユーザー名は、初期の管理者の名前となります。WordPress管理画面にログインする時に必要となりますので、ご自身の名前など覚えやすいものにして、メモ帳などに保存しておいて下さい。⑥もWordPress管理画面にログインするために必要なパスワードの設定です。さくらサーバーからの設定では大文字と小文字が必要など、細かな設定がありますので、右の注意書きをよく読んで入力して下さい。⑦はご自身がよく使うメールアドレスでOKです。WordPress内での管理者のメールアドレスとなります。設定が完了すればこのアドレスに通知が入ります。後から変更も可能です。⑧の【検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする】という項目は、作りかけのサイトに人が見に来ないようにする対策として、検索しても出てこないようにする設定です。初期のサイトにいきなり訪問者があることはほぼないので、個人的にはチェックしておかなくてもいいと思います。但し、以前から所有しているドメインでサイトのリニューアル中ということであれば、チェックしておいたほうがいいでしょう。

あとは【ライセンス・利用規約に同意する】をチェックして、作成するボタンを押せば完了します。何か入力に問題があれば、サーバーから注意がありますので、修正して作成ボタンを押して下さい。

正しくインストールができた場合は、自動的に【インストール済みパケージ】画面に移ります。赤枠の管理画面URLをクリックすると、WordPressサイトの管理画面へのログイン画面に移動します。

サーバー内にインストールしたWordPressなどは【WEBサイト/データ】にカーソルを合わせて、インストール済み一覧をクリックすれば、一覧データを確認することができます。

さくらサーバーでのWordPress設定に関して

さくらサーバーでWordPressサイトを構築するときは、データベースの設定などが少し初心者の方は迷ってしまう可能性があるかもしれません。基本的にはあまり手間をかけることなく短時間でWordPressをインストールできると思います。ただ、mixhostではデータベースも基本的には自動作成してくれるようになっているので、さらにシンプルにインストールできると思います。

▶▶▶14日間無料で試せるさくらのレンタルサーバーを見る

初心者でも30分、mixhostでWordPressサイトを立ち上げる方法

  初心者でも30分、mixhostでWordPressサイトを立ち上げる方法 ブロガーやアフィリエイターにも非常に評価が高く、僕自身も使用しているmixhostサーバー。mixhostのサ ...

続きを見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-Wordpress
-, , , , , , , ,

© 2021 swingby-nino.com