アパレル・ファッション用語

ジャンプスーツ(jump suit)

ジャンプスーツ(jump suit)

ジャンプスーツとは、上下がひとつなぎになった服のこと。元は落下傘兵の服として機能性や安全性、耐久性を重視したデザインであった。カーレーサー用のレーシングスーツなどや自動車修理工の作業服としてのイメージも強い。最近では、軽さや伸縮性のある素材も使用され、多くのバリエーションのアイテムが作られている。別名として、コンビネゾン、カバーオール、カバーロールズ、つなぎ、オールインワン、ワン・スーツなどと呼ばれていた。日本ではワークテイストの「シャツジャケット」のこともカバーオールと呼ばれている。


 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , , ,

© 2021 swingby-nino