アパレル・ファッション用語

浸染・しんぜん(反染め・後染め)

浸染・しんぜん(反染め・後染め)

浸染とは、織物・編物の反物状態になってから主に染色する方法。原料や糸の状態で染める染色方法を先染めというのに対して、浸染のことを後染めと呼ぶこともある。必ずしも生地全体が単一色に染まるわけではなく、染色性の異なる二種以上の繊維を組み合わせることで、一方の繊維には染まるが、もう一方には染まらない染料を使うことで、二色からなる生地を染めることもできる。

浸染は基本的には、経済ロットの事情で1色染が基本になる。しかし、二種の糸を混紡したものは霜降り調に染まり、交撚したものは杢糸調に染めることもでき、混紡率の違いで、同色で濃淡の違いも出すことができる。このような染色方法は異色染またはクロスダイイングと呼ばれている。製品となったものを後から、浸して染める場合は製品染めと、分けて考えられることが多い。

一浴染

例えば綿とポリエステルの混紡生地を染める際に、綿には反応染料、ポリエステルには分散染料を混合して、一浴で同時時に染める染色方法。一度に染色できるので経済的で、生地の傷みも少ない。ただし、本来は各染料で使用条件が違うため、染色堅牢度や濃度に制限があることがある。

 

二浴染

例えば綿とポリエステルの混紡生地を染める際に、綿には反応染料、ポリエステルには分散染料を個別の浴で各染料に合った条件で二回に分けて染める染色方法。染色堅牢度も高く、濃色でも染まりやすい。しかし、二回の工程を経ていることで、生地の強度が弱まったり、コストが掛かってしまう。

*二浴染の生地の場合、冬場乾燥した条件下での縫製の際に地糸切れ(縫製の針で生地が切れてしまう)を起こすことがあった。

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , ,

© 2020 swingby-nino.com