アパレル・ファッション用語

パッチポケット(patch pocket)

 

 

パッチポケット(patch pocket)

パッチポケットのパッチとは「継布を当てる」ことを意味しています。衣服の身頃布に切り込みを入れずに、外側に貼り付ける形で作られているポケットの総称です。貼りポケットや、貼り付けポケットやアウトポケット、セットオンポケットとも呼ばれています。ポケットとしては、最も簡単なデザインでカジュアルな印象のポケット。袋の形も自由度が高く、ブランドによっても形状の特徴があります。

パッチポケットは服の外側に付くので、Tシャツやポロシャツ等、肌に近い服にも適したデザインです。

生産に関して

デザインに自由度があるものの、縫い代を中に折り込んで形を整えるため、キレイにラウンドを整えるのは技術が必要です。工場によっては、ポケットセッターという自動でポケットの形状に折ることができる機械を所有していることがある。しかし、デザインに合わせた金型が必要となる。微妙なデザインに対してのこだわりがあるならば、1枚1枚をアイロンで形を整えなければならない。

 

パッチポケット工程分析

おおよその工程分析は下の図のようになる。ポケットセッターを使用できるか、1枚1枚アイロンで折らなければならないかで、所要時間や工賃が大きく変わってくる。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.